【専門家プロフィール】三浦 真由美 先生

成長

2021年8月5日

専門家のイメージイラスト

三浦 真由美 先生(管理栄養士、母子栄養指導士)

三浦 真由美先生

病院や高齢者施設で栄養指導・栄養ケア・マネジメントを経験。出産後は子どもの食の大切さを再認識し、離乳食や幼児食についての学びを深める。離乳食アドバイザー養成講座認定講師としても活躍。「あなたらしく生きるために食べることで笑顔になれるように、その人に合ったアドバイスを心がけます」

三浦先生の記事はこちら

なす、ピーマン、トマト
【管理栄養士に聞く】こどもの好き嫌い~NG対応と簡単野菜レシピ3選

大人はおいしいと思って食べていても、こどもは嫌いで食べられない。どうしたら食べるんだろうと悩んでしまう保護者の方も多いですね。 こどもが好き嫌いをする理由や対処法、嫌われ野菜をおいしく食べるレシピをご ...

続きを見る

手づかみ食べをする女の子
管理栄養士が手づかみ食べを解説!いつから?しない理由は?簡単レシピも!

離乳食をパパやママに食べさせてもらっていた赤ちゃんも、だんだん自分で食べようとする動きがでてきます。赤ちゃんの手づかみ食べ、やらせてあげたいけど…悩まれる方もいらっしゃいますでしょう。そこで、今回は赤 ...

続きを見る

 

一般社団法人 母子栄養協会

三浦先生がご活躍されている、一般社団法人母子栄養協会は、

『「日本の家族がもっと笑顔になる食卓づくりをお手伝いしたい」 という方々に対して、きちんとした母子栄養学を学んでもらえる場を提供し、 社会に貢献できるように導きたい』という理念のもと、2016年7月22日に設立されました。

会員数は1456名(2020年5月1日現在)、のべ受講生数 2822名(2020年5月1日現在)です。

母子栄養指導士、幼児食アドバイザーなど母子栄養に関わる資格認定や母子栄養にかかわる教育事業、講演会・研修会などの講師紹介などのサービスを提供。

そのほか、栄養レシピ・コラム執筆、母子栄養に関する情報提供及び出版なども行っています。

 

-成長
-, ,

© 2022 しょくーる