[離乳食]はじめてのいちご ペーストにして冷凍保存が便利!

離乳食

2021年6月11日

ガラスのお皿に盛られたいちご

まいまい
まいまいママです。
こどもたちが大好きな「いちご」

離乳食で初めて食べたときは、甘酸っぱくて顔がしかめっ面になるかもしれません。

下の子はなりました。笑

酸味で食べにくい場合は、違う食材と混ぜてあげると食べやすくなりますよ。

まいまい家では、「いちごと粉ミルク」の組み合わせが一番食べてくれます。

レシピも紹介しているのでぜひ試してみてくださいね。

ココがポイント

「いちご」は甘くておいしいうえに、洗ってすぐに食べられて便利。ビタミンC、アントシアニンなど抗酸化作用のある成分を含んでいて、栄養もバッチリです。旬はハウスで12月~翌4月、露地物は5月~6月です。

 

いちごペーストの作り方

計量カップに入れたいちご

離乳食で食べさせる場合は、必ず加熱しましょう。

傷みやすい「いちご」ですが、ペーストにして冷凍保存するのがオススメです。

 

調理のポイント

  1. 「いちご」をよく洗い、ヘタをとる
  2. ブレンダーにかける(ブレンダーがない場合はすり鉢でよく潰してください)
  3. 「いちごの種」が気になる方は、裏ごしをして取り除きます

冷凍保存する場合は、そのまま保存容器に流し入れ、冷凍します。

すぐに食べさせる場合は、電子レンジで600w10〜20秒加熱しましょう。

果汁なので、濃いと感じたら白湯や湯冷ましを足して調節しましょう。

 

ペーストにとろみをつける場合

水溶き片栗粉でとろみをつけても食べやすいと思います。

  1. 「いちご」をよく洗い、ヘタをとる
  2. ブレンダーにかける(ブレンダーがない場合はすり鉢でよく潰してください)
  3. 「いちごの種」が気になる方は、裏ごしをして取り除きます
  4. お鍋に「いちご」と「水」を入れ沸騰寸前で火を止め、「水溶き片栗粉」を入れる

 

冷凍方法

ペーストにした「いちご」は冷凍保存がオススメ!

フタつきの製氷皿など、小分けにできる保存容器に入れて冷凍し、固まったらフリーザーバッグに入れて保存してもOK。

冷凍したいちごペースト

こちらは「いちご」を果汁のまま容器に入れています

冷凍保存したら1週間を目安に使い切りましょう。

1週間分の献立を決めてまとめて作るといいと思います。

冷凍する場合は果汁のまま冷凍するほうが、解凍後「ミルク」と混ぜたりと、使いやすいです。
まいまい

解凍方法

冷凍した「いちごペースト」を使うとき、自然解凍は×だめ×です!

必ず加熱してくださいね。

 

ラップをかけ電子レンジで加熱します。

  • 小さじ1 →600W40秒(追加する際は10秒ずつ)
  • 小さじ3(大さじ1) →600W1分(追加する際は10秒ずつ)

目安として加熱してください。

水分が飛んでしまった場合は、白湯や湯冷ましを少し足して、のばしてください。

 

いちごペーストを使ったアレンジレシピ4選

このレシピでは粉ミルクやヨーグルトなどの乳製品を使っていますので、できあがったものは冷凍しないでくださいね。

離乳食じゃない場合は、牛乳を使っても作れます。(分量は同じです)

 

いちごミルク

いちごミルク

大人が飲んでもおいしい「いちごミルク」。

下の子には「粉ミルク」で作り、私や上の子は「牛乳」で作って一緒に飲みました。

材料

  • いちご 5g
  • 粉ミルク 20ml(調乳済み)または牛乳 20ml

作り方

  • 「いちご」のペーストを作る
  • 「調乳したミルク」を混ぜる

 

いちごのババロア風

いちごのババロア風

こちらはかたくしすぎないように、少し柔らかめで作りました。

ところが上の子も「食べたい!」と言ったので、急遽、少しかためでも作りました。

兄弟や姉妹で同じメニューが食べられるとこどもたちも喜ぶし、手間も省けて嬉しいですよね。

材料

  • いちご 5g
  • 粉ミルク 15ml(調乳済み)または牛乳 15ml
  • 水溶き片栗粉

作り方

  • 「いちご」のペーストを作る
  • 「調乳したミルク」を混ぜる
  • お鍋に入れ、沸騰寸前で火を止め、「水溶き片栗粉」を入れる

▼まいまい家でヘビロテで使っている便利な片栗粉についてはコチラ↓

いろいろなメーカーのベビーフード
離乳食のベビーフード、商品比較&アレンジでおすすめをチェック!

こんにちは。まいまいママです。ベビー用品売り場に行くと、ベビーフードがたくさん並んでいます。「どれを使えばいいの? 中身が見たい! アレンジとかできるの?」そんなリアル子育て中の声にお応えして、いろい ...

続きを見る

 

いちごバナナヨーグルト

いちごとバナナのヨーグルト

こちらは形状を変えていけば、離乳食中期後期でも大活躍のメニューです。

ヨーグルト(まいまい家ではベビーダノンプレーンを使っています)が入っているので、便秘気味のこどもにもオススメ!

材料

  • プレーンヨーグルト 10g
  • いちご 5g
  • バナナ 5g

作り方

  • 「いちご」のペーストを作る
  • 「バナナ」のペーストを作る
  • 「いちご」と」「バナナ」と「プレーンヨーグルト」を混ぜる

 

いちごミルクのパンがゆ

いちごミルクぱんがゆ

「パンがゆ」だけでも美味しいのですが、さらにいちごの味がするので、パクパク食べてくれます。

「あまり食べてくれない」こどもにオススメの主食にもなる一品です。

まいまい家のパンはパスコの超熟です。ミミは使わず、真ん中の白い柔らかい部分を使います。

※小麦アレルギーの心配もあるので、7~8ヶ月頃から。ご心配な方は病院でご相談ください。

材料

  • いちご 10g
  • 粉ミルク 30ml(調乳済み)または牛乳 30ml
  • 食パン 15g

作り方

  • 「いちご」のペーストを作る
  • 「食パン」を細かく切る
  • 「いちご」と「食パン」と「調乳したミルク」を混ぜる

このレシピでご紹介したメニューは「粉ミルク」や「ヨーグルト」を使用するため冷凍はできませんが、果汁オンリーの「いちごペースト」の状態で冷凍すると使いやすいですよ。

▼おいしくて食べやすい、パンがゆの作り方&アレンジレシピはコチラ↓

お皿に載せられた2枚のスライスされた食パン
[離乳食]パンがゆレシピ4選 パンの選び方&冷凍・保存方法

まいまい まいまいママです。離乳食初期(5~6ヶ月)の終わりごろから食べることのできるパンを使った「パンがゆ」。 お米の代わりのエネルギー源(炭水化物)として使えますよ! 「パンがゆ」に使う「パン」は ...

続きを見る

まいまい
私のこどもには、種は取り除かずあげていましたが、特に問題なく、食べることができていました。
必ず取り除かないといけない!ということではないので、気になる方は裏ごししてあげるといいと思います。

最初にいちごを食べるとき、こどもはその甘酸っぱさに慣れておらず驚くかもしれせません。

離乳食では加熱することで酸味がやわらぎ、いくぶん食べやすくなります。

もし、他にも苦手な食材があれば、一緒に混ぜ合わせて食べさせてみるのもいいかもしれませんね。

注意ポイント

「いちご」などフルーツにはアレルギーが少ないと言われていますが、初めて「いちご」を食べるときには注意が必要です。まずは小さじ1からスタートし、様子を見ながら進めてください。

-離乳食
-,

© 2022 しょくーる