[離乳食]キャベツはペーストで冷凍保存すれば、万能食材に!

離乳食

2021年6月17日

たくさんのキャベツ
まいまい
「キャベツ」は離乳食初期から食べることのできる葉もの野菜。
年間を通して入手しやすいのですが、繊維が多く、なかなか離乳食初期に使うのを躊躇してしまいがち…。
実は私もその1人でした。

「ほうれん草」も繊維が多く戸惑ってしまう野菜の一つでしたが、最初のころはベビーフードでなんとか乗り切っていました。

ですが、「キャベツ」はベビーフードがない んです!!

上の子のときは、ブレンダーがなかったので、必死にすりつぶしていましたが、正直限界がありました。ブレンダーさえあれば、苦になることもなく、なんでもペーストにできるのですが、ブレンダーがないので、すり鉢&すりこぎでやるしかないんです!笑

めちゃくちゃ気合い💪を入れて作っていました。

量が増えると、ミキサーで作ったりもしていました。

すり鉢などで離乳食を作られているご家庭は、葉もの野菜と少し疎遠になりがちかと思いますが、「キャベツ」には赤ちゃんの健康に欠かせない栄養が多く含まれているのです!

便秘がちなときにもオススメな野菜なんですよ!

▼ブレンダーなど、離乳食作りに役立つ調理グッズを知りたいならコチラ↓

離乳食を作る女性
離乳食作りに必要な調理グッズはどんなもの?

はじめて赤ちゃんの離乳食を作るママやパパの中には、「専用の調理器具は必要?」「1年ほどしか使わないのに買うのはもったいない」と思う方もいるのでは? そこで、離乳食作りに必要な調理器具や、あると便利な時 ...

続きを見る

 

キャベツの選び方

キャベツ1玉

「キャベツ」は風邪予防や免疫力を高めてくれるビタミンCが多く、弱った胃の活性化にも役立つ優秀な食材です。

ずっしりと重いものが水分量が多く新鮮です。

しっかりチェックして、おいしそうなものを選んでくださいね。

 

キャベツペーストの作り方

【下準備】

「キャベツ」の葉には土や虫がついていることがあるので、よく洗ってから使用します。

離乳食に使うのは、芯でもなく表面でもなく、内面の柔らかいところです。

生の状態でも柔らかい部分を適当な大きさに切り、下準備完了です!

 

お鍋で茹でる

適当な大きさに切られたキャベツが入ったお鍋

  • 下準備をしっかりと行い、お鍋に水と「キャベツ」を入れる
  • 「キャベツ」がクタクタになるまでしっかりと茹でる
  • 茹でたキャベツは、茹で汁を少しずつ加えながらペーストにする

 

電子レンジで加熱する

ラップがかけられたキャベツが入った皿

  • 下準備をしっかり行い、耐熱容器に「キャベツ」を入れる
  • 少し水を入れ、ふんわりラップをする
  • 600w 1分 加熱する
  • 「キャベツ」がクタクタにならなければ、様子を見ながら加熱を追加
  • 水気を切り、白湯または湯冷ましを少しずつ加えながらペーストにする

「キャベツ」の茹で汁はダシとして使用できるので、色々な野菜の茹で汁で「野菜スープ」も作れますよ。
栄養満点なので赤ちゃんの食欲が落ちがちな夏場にもぴったりです!
まいまい

 

冷凍方法

 キャベツペーストは冷凍保存がオススメ!

フタつき製氷皿などの容器に入れ、冷凍し、固まったらフリーザーバッグに入れて保存してもいいと思います。

冷凍保存したら1週間を目安に使い切りましょう。

まいまい家では献立を立て、1週間分をまとめて作っています。 

 

解凍方法

自然解凍は×だめ×です! 必ず加熱してください。

ラップをかけ電子レンジで加熱します。

  • 小さじ1 → 600W 40秒(追加する際は10秒ずつ)
  • 小さじ3(大さじ1) → 600W 1分(追加する際は10秒ずつ)

目安として加熱してください。

水分が飛んでしまった場合は白湯または湯冷ましを少し足して、のばしてください。

 

キャベツを使ったおすすめレシピ4選

繊維が多くて食べにくかったキャベツもペーストになれば、自由自在です。

あっさりとしてクセがないので、いろいろなメニューにアレンジできますよ。

 

キャベツがゆ

キャベツがゆ

「キャベツ」の甘みでおかゆもパクパク食べてくれますよ。少しダシを入れるのも食べやすくなるポイントです。

ベビーフードの「おかゆ」や「ダシ」もありますよ。

材料

  • キャベツ 10g
  • おかゆ 15g
  • ダシ 5g

作り方

  • 「キャベツ」のペーストと「おかゆ」を混ぜ合わせる
  • そこに「ダシ」入れ、さらに混ぜ合わせる

離乳食レシピをまとめて見る>>

キャベツとバナナ

キャベツとバナナ

大人が食べるとなると、 「キャベツ」と「バナナ」って… と思う組み合わせですが、実はとても食べやすく、下の子はパクパク食べていました。

さらに「きな粉」が食べられるようになったこどもには、少し入れてあげると風味もでておいしくなりますよ。

材料

  • キャベツ 15g
  • バナナ 10g

作り方

  • 「キャベツ」のペーストと加熱して潰した「バナナ」を混ぜ合わせる
  • (「きな粉」を入れる場合は、「きな粉 5g」もしっかり混ぜ合わせてください)

離乳食レシピをまとめて見る>>

キャベツと豆腐のとろとろ煮

キャベツと豆腐のとろとろ煮

タンパク質の「豆腐」を一緒にとることができるので、栄養満点。

材料

  • キャベツ 15g
  • 豆腐 15g
  • ダシ 10g
  • 水溶き片栗粉

作り方

  • 「キャベツ」のペーストと加熱して潰した「豆腐」を混ぜ合わせる
  • 「ダシ」を入れ、さらに混ぜ合わせる
  • 「水溶き片栗粉」を入れ、少しとろみをつける

離乳食レシピをまとめて見る>>

野菜たっぷりあったかそうめん

野菜たっぷりあったかそうめん

食べられるようになった野菜をたくさん入れ、具沢山の野菜とスープで、栄養満点のそうめんができます。このメニューでは、茹で汁を使うため、キャベツは生のものを使っています。

市販のそうめんは塩分が多いので、必ず下茹でしてから使いましょう。

赤ちゃん用のベビーフードのそうめんが便利です。

材料

  • キャベツ 5g
  • にんじん 5g
  • 玉ねぎ 5g
  • 白身魚 5g
  • そうめん 30g
  • 野菜スープ 10g

▼とろみをつける片栗粉や、ダシ、そうめんなど赤ちゃん用のベビーフードはコチラ↓

いろいろなメーカーのベビーフード
離乳食のベビーフード、商品比較&アレンジでおすすめをチェック!

こんにちは。まいまいママです。ベビー用品売り場に行くと、ベビーフードがたくさん並んでいます。「どれを使えばいいの? 中身が見たい! アレンジとかできるの?」そんなリアル子育て中の声にお応えして、いろい ...

続きを見る

繊維が多くて使いづらかったキャベツも、ペーストにして冷凍保存しておけば、即戦力として役立ちます。

しかも、キャベツはいろんな食材と合わせても相性がいいので、みなさんもぜひオリジナルレシピを作ってみてくださいね。

離乳食カレンダーのダウンロードはコチラ

離乳食を食べさせてもらう赤ちゃん
離乳食カレンダーをダウンロードして、まずは1ヶ月目を乗り切ろう!

お子さんが5~6ヶ月を迎えるといよいよ離乳食のスタートです。はじめてや久しぶりの離乳食で「毎日、何をどのくらいの量あげていったらいいのか?」とお悩みの方もいらっしゃいますよね。 何日目から野菜やたんぱ ...

続きを見る

離乳食レシピをまとめて見る>>

 

-離乳食
-, ,

© 2022 しょくーる